DSP解説

まずDSPでできる事はタイムアライメント(スピーカーの遅延)クロスオーバー(カット周波数)レベル調整、イコライザー機能もありますがイコライザーは使わないのではぶきます

この機能でどうやって音をよくするかですがスピーカーの発する音のタイミングをピッタリ合わせれば音は良くなります

上の写真のトィーターとミッドウーファーをマルチ接続してタイムアライメントの数値どちらも0cmの設定で鳴らすとボイスコイルの関係上トィーターが早く音を発し後からミッドウーファーが発します。バンと1回しか鳴らないといけないのがタイミングが違うとトィーターがバンと鳴った後にミッドウーファーがバンとなり2回鳴ることになります。なので合ってないセッティングは煩く音が悪い

このタイミングをピッタリ合わせれば音は自然体な音になりどんなジャンルの曲でも聴けるように変貌します。ホームオーディオだとここで終わりですが車はオフセットで聴くので横軸を合わせなければなりません

横軸の解説はとても難しいので省略しますが一番良いタイムアライメントの位置でタイミングを合わせると合ってるホームオーディオのように鳴ります

車はオフセットでオーディオを聴くのでこれがDSPが無いと良い音にはならないよと言うことです。DSPはセッティングありきですがきっちりセッティングできれば驚くほど音は激変します

デモカー有りますので試聴してからお考えください

PAGE TOP